menu

土地を売却する時に確認しておきたいこと

目黒・五反田・大崎の不動産売買専門店 株式会社DKハウジング

目黒・五反田・大崎の不動産売却は【DKハウジング】

サイトマップ 会社情報

☎︎03-6910-4855

営業時間:9:00〜18:00

土地を売却する時に確認しておきたいこと

 

高額な取引になることの多い土地の売却では、ちょっとしたことが大きなトラブルにつながることも少なくありません。売却自体は不動産会社に依頼いただくのですが、事前にいくつかご自身でも確認しておいた方がいいことがあります。今回はそちらをお伝えしていきます。

 

 

土地の境界

 

土地の売買では、境界が確定しているかがとても重要になります。境界とは区画された土地と土地の境目のことで、土地を売買する時には隣の家との境界がどこなのか、ハッキリしていることが大切です。

 

敷地がブロック塀やフェンスなどで囲われている場合はわかりやすいので、あまり問題になることはないと思いますが、境界が未確定、分からないといった場合、スムーズに売却できないことが多くなります。

 

まずは土地の境目を確認して、境界標(境界杭ともいいます)が埋設されているか確認しましょう。境界標というのは土地と土地の境目を表示するための目印で、通常は境界の折れ点に設置され、これらを結んだ線が境界線ということになります。また測量図を見て「確定測量図」「境界画定図」と記されているかも確認し、「確定」となっていない場合は境界が明確になっていない可能性があります。

 

境界標や確定測量図がない場合、売却する前に設置や取得を行うのが一般的です。境界確定じゃなければ売却できないというわけではありませんが、実際には買い手がつかない場合も少なくありません。まずは境界がどうなっているか確認して、明確にする必要があるか検討してみてください。

 

 

越境

 

越境とは境界線を越えることを言い、樹木や塀、屋根などだけでなく、埋設された水道管やガス管なども対象となります。越境には、自分が越境している場合と、隣地から越境されている場合がありますが、

 

どちらの場合も後々トラブルになるケースが少なくないため、ほとんどの買い手が気にします。越境についてもしっかり確認して、問題があればできることから解消しておくことが望ましいです。

 

 

土地の状態・地盤と土壌

 

売却する土地に残存物があると、撤去費用を負担する場合がでてきます。樹木など自分で片付けられるものは事前に撤去しておきます。

 

そして地盤や土壌についても確認しておくと安心です。長らく建物が建っていなかった場合は、軟弱地盤であったり、埋没物や土壌の汚染があったりする可能性もあります。

 

売り主が事前に地盤や土壌調査する、という決まりがあるわけではありませんが、過去に購入した土地の地盤が軟弱で地盤の改良工事が必要だったとして、土地を購入した買主が売主に対して損害賠償請求をした裁判で、「売主がするべき」という裁判の判例が出ています。また東日本大震災以来、地盤強度への関心も高まっているので、事前に地盤や土壌の調査をしておくと後々、問題になる心配がなくなります。土地の状態や履歴を分かる限り確認し、調査を行うか検討しましょう。

 

 

 

このほかにも登記上の面積と実際の面積に違いがないか、建物が建てられる土地かなど、売却前に調査や確認が必要なこともあり、土地の売却は不動産会社としても、特に知識と経験が求められものです。不動産会社にも得意不得意はありますので、土地の売却を検討される時は、土地取引で実績のある不動産会社に相談するようにしてくださいね。

 

当社でももちろん土地売却のご相談をお受けします。ご不安なことがあればお問合せください。

 

 

 

目黒・五反田・大崎の不動産売却は【DKハウジング】

〒153-0064 東京都目黒区下目黒2丁目21-24ハイツ第2目黒304

宅地建物取引業者免許 東京都知事(1)第102778号

営業時間:9:00〜18:00 定休日:毎週水曜日